加古川市の山下進学塾だよりー2018・2・17(土)

 

昨日、今日と厳冬の期間中としては、比較的暖かい日が続きました。

再度、大寒波が襲ってくるとの予報らしいですが、勘弁して欲しい

ものですね。

 

公立高校推薦入試終わる:

昨日の15日、公立推薦入試が終わりました。受験した塾生の実力は、

十分に合格ラインを超えていますが、問題は「倍率」です。20日の

発表がたのしみです。

 

自然の不思議ーお湯が水より早く凍る:

お湯が水より早く凍る―そんな不思議な現象「ムペンバ現象」(湯と水

凍結逆転現象)について、世界の科学者たちが理論的な解明に挑んでい

ます。

スペインのマドリード・カルロス3世大学などの研究チームはこのほど、

この現象が、運動エネルギーの1部を失うような相互作用をする

微小粒子の流体で起こることを、コンピューターによる解析で、理論的

に確かめたと発表しました。

ムペンバ現象が最も起こりやすい条件として、粒子の速度が大きくバラ

ついていることをあげました。 今回の理論的枠組みを応用することで、

電子素子の効果的な冷却方法などが期待できるとしています。

わが国では、日本雪氷学会が研究大会で、3年にわたり討論を重ねた後、

有志による検証実験を行いました。前野紀一北大名誉教授らのまとめに

よると、▼湯が水より早く0度に達する現象は確かに起こる。

    ▼その場合は、湯温が0〜12度の範囲で水温を追い越すことが

     観察された。

    ▼同じ湯温と水温の組み合わせでも起こるとは限らず、多くの

     物理メカニズムが関与している。

などと考えられ、実験を再現するのは難しいーことなどが確認されたとか。

なお、「ムペンバ現象」という用語は、1963年タンザニアの中学生

エラスト・ムペンバ君が、原料を加熱して溶かした「アイスクリーム・

ミックス」を熱いまま凍らせた方が、冷ましてからより急速に凍ることに

気づいたのをきっかけに、科学者間で議論が始まったことに由来するそう

です。(某紙より抜粋)

 

犯人はなぜ「ホシ」と呼ばれるのか?

刑事がデカなら犯人は「ホシ」である。TVドラマで「ホシを必ずあげる」

「ホシは近くにいる」などと、刑事がよく口にする。どうして、犯人が

ホシなのだろうか。

「目星」という言葉があり、目印、見当を意味する。或いは、ものに頭を

強く打ちつけたとき、目に星のようなものがちらつく。それを目星という。

また、「目星」は「目星をつける」「目星がついた」といった使い方がされ

ている。

「目星をつける」は、概ねこういうことだと見込みを立てることだが、犯人

を意味するホシは、「目星をつける」の「目星」を略したもの。(中経の文庫)

 

フロリダ州の乱射事件ー高校生17人死亡:

またもアメリカの学園内で、銃による大殺人事件が発生、17人もの若い命

が瞬時に奪われてしまいました! 銃規制法案が、どうしても成立しない

米国議会。 護身用という需要と、銃製造業者によるロビー活動が強く、

法規制が進まない原因との説がありますが・・・。

かつて、テキサス州ダラスを訪れた時、故ケネデ大統領暗殺の現場にも、

足を運びました。  その時、ヒシヒシと感じたことは、その広大な土地と

共に、「自由と民主主義」「文明の先端を行く」アメリカの裏面には、私達

日本人は、量り知れない銃社会という闇が・・・との畏怖でした。

 

山下塾長 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾―2018・2・14(水)

北陸、東北、北海道は、再度の豪雪に見舞われているようです。

瀬戸内海に面しているこの地域では、積雪を見ることすら稀で

すが、豪雪地帯のご苦労は、想像を絶するものでしょうね。

 

小学校の制服1式8万とは:

明治時代から東京銀座にある公立の泰明小学校。新学期から採用

と決めたのは、アルマーニ氏デザインの一式8万なりの制服とか。

これまでの2.5倍に、保護者から苦情が出るのは当然です。

高級ブランドに決めた校長曰く「服育」だそうです。この「服育

という造語、何を意味するのでしょう? 

高級服を身を包めば、それにふさわしい品性が育つ・・・などと、

校長はおっしゃっているようですが、ご自身の独りよがり、曲解

もいいところでは? 

逆に、小学生は「校長にしてつものです」というのが、校長

先生の真意では・・と穿った解釈もできそうですが、みなさんは、

どのようにお考えですか? 

赤貧の少年時代を経験したジョルジオ・アルマーニ氏は、自伝の

中で「贅沢は許されず、実生活からかけ離れた”偽物”に対する

嫌悪感は、この頃から感じていた」とあるそうですが、イタリア

小都市生まれのこの少年に、母親は寄せ集めの布地で子供の服を

作っていたそうです。

「見せかけの真実は見たくない」とは、簡素で本質的なものを

追求したアルマーニの言葉。 いくら銀座の老舗小学校とは言え、

一式8万円もの洋服を採用する校長がいるとは、そんな無茶は

「アルマーイニ」(すみません)。

 

私立高校は全員合格です:

例年通りとはいえ、私立高校を受けた塾生全員が、専願生も含め

みごと合格しました。 

もちろん、2名の専願生を除き残りの生徒たちは、目標は公立高

です。その推薦入試が、明日の15日、少し風邪気味の子もいる

ようですが、まず、順当な結果が得られものと信じています。

 

中3生卒塾の記念寄せ書きに、塾長感動です:

今月末で卒塾となる生徒さんが、推薦合格者を含め4〜5名とな

りそうなので、先日、全員に「卒塾記念の寄せ書き」を求めまし

た。 その内容たるや、塾に対する「評価と感謝」の言葉のオン

パレード。

中3生全員から、こんなにも感謝の言葉を貰うとは、塾の責任者

として、感動で涙が出そうになりました。(これ、本当です)

教室で落涙しては、生徒から「鬼の目にも涙」と冗談が飛び出し

そうなので、ぐっと我慢でした。それにしても、嬉しいねえ。

 

4月から高1英語クラス:

今年は、高1生の英語クラスを再開するつもりです。 国公立と

関関同立を目指す諸君、私が高校英語、大学受験英語の実力を

最短コースで伝授しよう。意欲満々の君、高1から英語の全国

偏差値70以上を行こうぜ!

 

中1生で英検3級1次テスト合格: 

白陵中学1年生に、英語の個人レッスンを引き受けていますが、

先日の英検3級第1次テストに見事合格。 昨日は、2次試験

用と、面接テストの練習を繰り返しました。

小学時代には、英語に無経験だったとかで、中1英語の最初は

先行きが不安だったのですが、さすがは白陵生、徐々に実力を

身につけ始め、3級1次に合格でした。 2次試験用に、更に

数回の問題を反復し、万全を期すつもりです。合格しますよ。

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりー2018・2・10(土)

今年の雪雲を含む大寒波は、未曽有の雪害をもたらし、福井市の

積雪量は平年の6倍に及んだとか。やっと、除雪が終わったかと

思いきや、再び大雪に見舞われているとの報道です。

 

痛ましい車中での凍死:

福井〜石川県間の国道8号で、福井県では3人目となる凍死者が

出ましたね。しかも、富山へ帰省途中の若干19歳の青年。

近くには、開放されたコミュニテーセンターがあり、周辺に立ち

往生中のドライバーらの多くは、そこに避難していたという。

青年は救助要請した後、9時間ほども車中に閉じ込められ、雪に

埋もれて発見されたとか。 早い段階で、脱出できなかったので

しょうか。 痛ましい限りですね。

 

刑事を「デカ」と呼ぶワケ:

テレビの刑事ドラマで、「デカがきた」「デカがかぎまわっている」

といったセリフを耳にする。「デカ」とは刑事をいみする隠語だが、

どうして刑事が「デカ」なのか。どことなく英語のようにも思える

が、デカは明治時代に生まれ純国産語である。

日本に警察ができたのは明治4年、当時、警察官は階級が上の者は

洋服を着ていたが、下級の者は私腹の和服を着ていた。四角い形を

した袖を「角袖」という。 明治時代、角袖は洋服に対する和服の

意味にも使われていた。

明治7年、すべての警察官に制服が支給されるようになったが、

刑事巡査の多くは身分を隠すなどの職業上の便宜から、制服を着な

いで至福の和服を着ていたので、彼らは「角袖巡査」「角袖」と

呼ばれていた。

その「角袖」が「くそでか」と変化かし、「くそ」が省略されて、

「でか」と呼ばれるようになった。(中経の文庫)

 

南北朝鮮の宥和政策と日本のスタンス:

平昌オリンピックを契機に、南北朝鮮の宥和政策が進行している

ように見えますが、一方で、北朝鮮は直前に軍事パレードをする

など、雪解けムードの本気度に疑問符がつきます。 

北と米国の戦争が勃発すれば、空前の被害を被るであろう韓国と、

日米韓の分断を図りたい(と言われている)北朝鮮の思惑が交錯して

いるのでしょう。

他方、日本は米国に100%追随、制裁を最高度に強めていくとか。

アメリカと北朝鮮が戦争に突入すれば、米軍の出撃基地を多数抱える

我が国も、相当の被害を受けるでしょう。そうなるとは、思いません

が、保証はありませんよね。 

皆さん、日本のスタンスは、それでOKですか? 南北朝鮮の融和

ムードを契機として、日本も当事国に対して、戦争回避への独自の

アプローチなどの外交を、展開できないものでしょうか。 ムリムリ

という声が、聞こえてきそうですが…。

 

塾長のスペイン語:

今月最初の授業でした。例の冒頭スピーチでは、「今日は私立高校の

入試があること、全員が合格するでしょう、自信があります。」と

少し関連事項を話しました。この程度でしたら、なんとかスペイン語

でこなせるのですが、少し込み入ると、もうダメ。 語彙不足である

ことは、よくわかっているのですが、それが大変でして・・・。

 

高校生へのToday's-Tip-for-English:

適語を選びましょう。

1.(     ) it be true that she passed the difficult exma?

           [ Can/Will/May/Should ]  「〜は一体本当だろうか」の意。

2.You (     ) have come to David's party last night. We missed you.

          [ will/should/must/would ] 「来ればよかったのに・・」の意。

3.Some people are fond of watching DVDs at home, while (     )

      prefer to go out to the movies.

         [ another/other/the other/others ]  

    「Some〜、others・・・」で「〜する者もいるし、・・・する者もいる」

4.It is important to remember that the more civilized a society becomes, 

      the (     ) it hates people who use violence.

         [ better/less/more/worse ]   

    「The+比較級、the+比較級」で「〜すればするほど、ますます・・する」

5.That part of Tokyo is a place (     ) attracts young people with its shops

      and restaurants.

         [ which/where/when/what ]

   whereとwhen(関係副詞)は主語になれない、whatは先行詞を含むのでダメ、

     「a place+which(関係代名詞)」が正解。 

 

来週から、学年末テストに向けての延長授業に入ります。ブログ発信も水土の2回

は、無理になるかも知れませんが、ご理解ください。

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だより2018.2.7(水)

 

今年の冬は、まさに「厳冬」、北陸を始め北日本各地で、雪害

が報じられています。 私にとっても、夜半の帰途は、車中で

さえ暖房が利くまでは、手袋している手先が凍り付く感じです。

暦の上では、すでに「立春」を過ぎていますが、この大寒波、

当分の間、居座りを続けるのでしょうね。

 

高2塾生のセンターテスト結果:

先月の大学センターテストの英語問題を、山下塾に在籍中の

加古川東高2年生2名が挑戦、1人は182点、もう1人も

168点(?)という高得点を得ました。

この両者は、英語の全国偏差値は、すでに70前後に達しており、

塾では、過去のセンターテストも、最近5回連続実施しています。

今後も、センターテストの過去問を、順次継続していく予定です。

来年1月の本番テストでは、190点以上を目指したいのですが、

2人には可能性十分だと見ています。

 

新高1英語クラス開設の予定:

現在、高校生クラスは、上記2名のほか1名ずつ個別に引き受け

ているのみです。(外部生の募集はしていません。)

現高1生は、元塾生も全く引き受けていないのですが、今春の

新高1生については、今の中3塾生のうち、4〜5名はレベル的

にOKですので、そのうち希望者のみで、高1クラスを開設する

予定にしております。(外部生も考慮するつもりです)

 

森友問題ー佐川理財局長

佐川理財局長、あの「文書は廃棄しました」との国会答弁で、

一躍その冷徹な忠臣ぶりを発揮し、見事、国税庁長官に栄進しま

した。

今国会で、またまた、森友問題が再燃、現理財局長の答弁による

と、廃棄されたはずの文書が、まだまだ存在しているようですね。

「さも、ありなん。」とうのが、私達の実感でしょう。

けさのTVで、安倍政権擁派で著名な政治評論家でさえ、佐川氏

は今春の人事異動で、国税庁長官をはずされるでしょう、との

コメントを伝えていました。 もう、見限られたか?

それにしても、1連の総理夫人関与が問われている森友問題、

簡単には霧が晴れないようですね。 渦中の籠池氏夫妻の長期

拘留も異例だそうですが、保釈になると更なる爆弾発言が・・・

とあるコメンテイターが言っていました。

 

高校生へのToday's-Tip-for-English:

適語を選びましょう。

1.(     ) it be true that she passed the difficult exma?

           [ Can/Will/May/Should ]

2.You (     ) have come to David's party last night. We missed you.

          [ will/should/must/would ]

3.Some people are fond of watching DVDs at home, while (     )

      prefer to go out to the movies.

         [ another/other/the other/others ]

4.It is important to remember that the more civilized a society becomes, 

      the (     ) it hates people who use violence.

         [ better/less/more/worse ]

5.That part of Tokyo is a place (     ) attracts young people with its shops

      and restaurants.

         [ which/where/when/what ]

       Everybody, take care not catch a flu. / No cojais un resfriado, todos.

                                                                      (これでOKだと思うんですが) 

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりー2018・2・3(土)

 

もう2月も3日、2月はご存じ別名「如月」。この「月の異名」は、

今では、人名と教科書の古典で、お目にかかる程度でしょうね。

 

中2生の体験学習生が入塾へ:

先日から、塾の体験授業を受けていた中2生が、正式に入塾の運び

となりました。基礎力を習得している感じなので、今後が楽しみ

です。 頑張ろうナ。

山下塾で実施している「教科書先取り学習」と「学校のテスト範囲

問題」とに、真剣に取り組みさえすれば、今月の学年末テストで軽

く10番以上アップし、学年10番台に乗るでしょう。 

 

難病「癌」制圧に光明?

この間は、「赤外線照射」方法による癌制圧のインタビュー報道を、

一昨日は、「ウィルス」注射による癌細胞撲滅のインタビュー報道

を見ました。ご覧になられた方々も、いらっしゃるでしょう。

気鋭の日本人医学者たちによる先進研究を、同胞として誇らしく思

いつつ見ました。「不治の病」とまで恐れられてきた「癌」、その

難病の治験がすでに始まっているとか。

医療現場での1部実用化も、1〜2年内で可能でしょうと、研究中

の先生が言われていましたが、どちらの治療法であれ、国も1日も

早くバックアップ体制を整え、保険治療に用いられるようにして欲

しいものです。

 

”世界最高”望遠鏡完成、チリで観測へ:

宇宙に最も近い天文台から、銀河や惑星の起源に迫る ー 南米チリ

北部のチャナントール山(5640メートル)の山頂にある標高

世界1の天文台での観測に向け、光赤外線望遠鏡「TAO望遠鏡」

が完成しました。 東大天文学教育研究センターが先日、仮組を

した播磨町で報道陣に公開したそうです。

チャナントール山頂は晴天率が高く、宇宙からの赤外線を吸収する

水蒸気が殆んどありません。酸素ボンベが必要ですが、天体が出す

赤外線の観測には、絶好の条件だといいます。

この東大天文学センターは2009年、チャナントール山頂で口径

1メートルの望遠鏡による観測を開始。 銀河系中心部を調べ、

ブラックホールの発達などの解明に挑みました。

完成したTAO望遠鏡は、口径が6.5メートル、高さ15メートル

で重さ約200トン。赤外線の観察性能は世界最高水準、広い範囲

で、銀河が誕生する際に放たれる光を観測。惑星が誕生する際に

中心部からでる赤外線も、高解像度で見られ、惑星誕生の様子も

観察できるそうです。建設費は約70億円で、来年の観測開始を

目指しているそうです。 (天文学の分野でも、凄いですね)

 

学年末テストが近づいてきました。明日は、寒中散歩でもして、

体力をつけようと思っています。

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりー2018・1・31(水)

厳寒の夜に比べると、昼間は少し過ごしやすい日が続いています。

生徒の中には、まだインフルで休みのお子さんが、2〜3人出て

います。

 

なぜ風邪は「引く」と言う?

病気は「病気になる」「病気にかかる」といった言い方をする。

ところが、風邪は「風邪になる」「風にかかる」とは言わず、

「風邪を引く」と表現する。

温度や気圧などの関係で起こる空気の流れを「かぜ(風)」と

言い、ウィルスによって呼吸器が冒される病気も「かぜ」と言う。

病気の「かぜ」は、空気の流れの「かぜ」から来ており、古くは

「風」と書いていた。

昔の人々は、外気の中に、体にとってよくないもの、邪悪なもの

が潜んでいると考えていたようである。風が吹き、邪悪なものを

運んでくる。 それを吸い込む、すなわち体に引き込む。そこで

「かぜを引く」というようになった。

「かぜ」は現在は「風邪」という漢字が当てられている。 その

「風邪」は、体に影響を与える悪い風、邪悪な風という意味で、

江戸時代までは「ふうじゃ」と音読みされることが多かった。

(中経の文庫)

 

中学生の冬休み課題テスト結果:

ようやく、結果が出そろいました。学校での成績順位に基づき、

塾内表彰者は次の通りです。

 

3教科学年1ケタ賞

     学年4位  中2  K.S.さん

      ” 7位        "       T.M.君

      ” 8位    "   T.N.さん

 

5教科学年1ケタ賞

     学年4位  中2  K.S.さん 

      ”  7位   ”    T.M.君

 

努力賞(前回比10番以上up) 

           中3  K.R.さん(10 up)

            ”    H.H.さん(11 ”  )

           中2  S.S.さん(11 ” )

           中1  I.H.君 (14 ” )

           中2  M.M.さん(17 ” )

           中3  M.M.さん(19 ” )

            "   I.H.さん(19 ” )

[総評]

中ー1

英語は、65%の生徒が学年平均点を20点以上、上回りました。

ただ、1年2学期末までの学習レベルは、英語圏での2歳前後の

水準と言われていることからすると、塾生にとって、現時点で

学年平均点を20点以上超えるのは、当然と言えるでしょう。

逆に、母国語である「国語」が難敵となっています。第1の原因

は、何と言っても、読書の習慣がついていないことでしょう。 

日頃から、教科書の音読を宿題化していますが・・・。

いずれにしても、中1生にとっては、これからが今後の成績を

左右するターニングポイントとなります。言うまでもなく、生徒

さん自身の自覚と心構えがキーポイントですが、その意識を高め

るのは、私達の役目。 硬軟織り交ぜて対応していきます。

 

中ー2

わずか2名を除いて、残りの諸君は全員、学年中位以上の成績が

続いています。常に、学年9位以内の成績上位生が3名います。

(今回はインフルのためテストを受けなかった1名を除く)。

中2生は総体に、学習マインドが高く、成績伸長の著しい女生徒

も出てきています。5教科10番内も実現できそうです。

ここで、長年の経験から1つ懸念されるのは、成績上位をキープ

してきた女子生徒の中には、2年で成績ピークを越えてしまって、

3年から下降し始めるケースが、ほぼ毎年のようにある事実です。

私達にとって、要注意の項目です。

 

中ー3

各自それぞれ受験校が決まっているせいか、全体に落ち着いて

学習に取り組んでおり、その結果が課題テストにも表れたようで

す。最終内申点が、1点上がった生徒さんが3名も出たことは、

私達には、大変な喜びです。

目下、私立入試、公立推薦、一般入試と順次立ち向かっている

段階ですが、塾にとって最も生徒数の多い学年でありながら、

和気あいあい、何の問題もなく推移していることは、学習指導に

最良の環境です。さあ、中3生の諸君、気を引き締めて頑張ろうぜ! 

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

カテゴリ:- | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりー2018・1・27(土)

年号が変わって、すでに1か月近くなるというのに、まだ2017年

と誤記し、後日、気づくことがあります。お恥ずかしい限りです。

平成の方は「30年」という切りがいい数字なので、記憶しやすく助

かっています。

 

刻々近づく私立高入試と公立推薦入試:

それぞれ、私立高、公立推薦、そして、一般入試が迫って来ました。

国立大学2次試験の受験生は、やはり、相当の緊張感が伝わってきま

すが、高校受験生のテンションは、それほどでもありません。 勿論、

燃える思いは内に秘めているのでしょう・・・。

高校受験の諸君、いよいよ最後の踏ん張りどころだよ!将来、君たち

が人の親となった時、我が子にご自分の受験勉強時代を、誇り高く聞

かせることができるように頑張って欲しい。

 

海の魚なのに、なぜ「河豚」?

フグは外敵に襲われたりすると、腹部をふくらませる。フグは古くは

フクと呼ばれていたが、その名は、腹部がふくれるところに由来して

いるようだ。

フグは、漢字ではふつう「河豚」と書く。我々日本人が食べている

フグは、海の魚である。それなのに、どうして「河豚」と書くのだろ

うか。この漢字は、中国語からきている。 中国では、フグが河川を

遡上し、また、淡水域に生息しているものもいる。

フグが豚のように美味しいところから(あるいは、豚のように丸く

ふくらむところからという説もある)、「河豚」と呼び、書くよう

になったという。日本の川にはフグはいないが、これがフグを漢字

で「河豚」と書く理由である(中経の文庫)

 

塾長のスペイン語:

今月2回目の会話授業に出てきました。冒頭のスペイン語スピーチは、

全国で280万人ほどが罹患しており、塾生にも2〜3名が時々欠席し

ている旨の話をしました。

すべて原稿なし、と言うわけにはいきません。  即席の原稿を用意し、

チラチラ見ながらの劣等生スピーチです。でも、大意は何とか、みな

さんに、分かって貰えたようでした。

風邪のことで、アルゼンチン育ちの先生に、かの国では健康保険とか

治療費について尋ねてみました。なんと、アルゼンチンでは、公立の

病院では「医療費は無料」とのこと。 公立大学と公立病院は、共に

無料だそうです。

そんなに、国家財政が豊かだとは見えないアルゼンチンでさえ、教育

や医療は無料。 一方、GDP世界第3位(今もそうでしょう)の日本

は、年金・介護などの福祉予算は削減の一方でしょう。 この差は、

何なんでしょうね?

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりー2018・1・24(水)

大寒も過ぎた昨夜の外気は、針で身を刺す鋭さ、長い人生で味わ

うことのなかった、強烈な冷気でした。夜半の帰路、車中は暖房

が利き始めるまでは、防寒着を重ねてはいるものの、まるで

アイスボックスです。 この大波が、しばらく居座るとか。万物

が動き始める、春の訪れが待たれますよね。

 

インフルエンザの脅威:

小中学校で、インフルが猛烈な流行をみせています。学級閉鎖だけ

でなく、学年閉鎖に及んでいる学校も出ているとか。

私たちも責任上、風邪で欠勤など論外。うがいと手洗いを徹底して

おります。 皆さんも十二分に、お気をつけて下さいね。

 

「虫酸(むしず)が走る」の虫酸は、胃酸のこと?!

胃から喉にかけてムカムカしたり、胃の中からの逆流感があったり

するのが胸やけ。胃の中に、いつまでも食べ物がたまった感じで、

すっきりしない状態が胃もたれ

胸やけは胃酸が増えすぎたり、胃液が食道に逆流したりすることで

起こりがち。粘膜に守られていない食道が、強酸性の胃液に刺激さ

れている状態。  一方、胃もたれは逆に、胃での消化がうまく

いかず、腸にいくべき食べ物が、滞留している状態。

どちらも、暴飲暴食で胃に過剰な負担をかけることや、ストレスが

原因となって起きることが多い。

ちなみに、「虫酸が走る」の虫酸とは、胃酸のことだと言われて

いる。口に逆流する酢っぱい胃液のムカムカ感。それをゾッとする、

ムカムカするという意味に転用しているのかもしれない。(ワニブックス)

私はアロエ党でして、胃腸の調子がすぐれない時は、専らアロエを

千切りにして飲み、体調を整えています。

 

長時間労働の法的規制:

先日、始まった通常国会での施政方針演説で、安倍首相は残業時間

の上限を、罰則つきの法律で規制するとの方針を示しましたね。

他の先進国に比べて、従来から、労働時間が長い点は、確か以前に

国連のILOからも、是正勧告を突きつけられたことがあったと

思います。

長時間労働は、端的に言って、賃金が安いので残業しなければ、

収入が不足するからでしょう。これが昔からの、日本に於ける労働

界の実態ではないのですか。 だから、世界では奇異にみられる

過労死」が、今なお存在し続けているわけでしょう。

そこを抜本的に待遇改善せず、3%の賃上げを経団連にお願いした

程度で、長時間残業がなくなる筈がないと思います。 法的規制が

かかると、逆に、収入が減って、困る労働者が生まれませんか? 

400兆円を超える、大企業の内部留保が報じられていますが、

その何割かが、国の政策的な手段で下請けや働いている人達に回り、

所得が増えて消費につながれば、経済全体が循環するのでは?

総理もかつて「トリクルダウン」理論を標榜されてましたよ。

「金は天下の回りもの」の格言は、そんな政(まつりごと)にすべき

との教訓でしょうね。 

 

高校生向けのToday's-Tip-for-English:

適語を選びましょう。

1.Payment of the invoice should be made (    ) fifteen days.

       [ for/by/within/before ] − 15日以内に

2、They will arrive a week (    ) today.

      [ ago/by/from/of ]    − 1週間後に

3.(    ) the rainy season, it rains almost every day.

     [ Among/Between/During/While  ]  − 梅雨の間

4.He was ill in hospital from Sunday (    ) Friday.  

   [ out of/by/for/through ] 

  *toではなくthroughにすると金曜も含むことが明確になります。

5.Wherever you may go in the world, the sun rises (    ) the east.

 〔 at/from/on/in ] 

    日本語では「東から」ですが、inを使って「東という空間の中に

 太陽が出る」とします。set in the west「西に沈む」も同じ。

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりー2018・1・20(土)

 

中3生の高校入試問題に関する個人的指導、推薦入試で合格済み

の高3生を除く、国公立大の2次試験を受ける受験生への個人

レッスンで、今日はブログ発信の時間がありません。悪しからず、

ご理解ください。

 

山下塾長

カテゴリ:- | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だより2018・1・17(水)

昨日、今日と少し寒さが緩みました。またすぐに、寒波が襲来する

との予報です。小中生にインフルエンザが流行しており、学級閉鎖

が出ています。十二分の注意が肝要ですね。

 

中高生の部活動と勉強:

スポーツ庁から、中学・高校におけるクラブ活動について、現在の

過激な傾向を見直べきという指針が出ましたね。後は、各自治体の

教育委員会による具体化の問題となるようです。

ここで、学習と部活動のかかわりについて、考えてみたいと思いま

す(私の独断と偏見です)。 今回の指針は、第1義的には教師の

負担軽減、第2義的には生徒の心身両面における過重負荷の緩和で

しょう。

個人的には、遅きに失したとの感じですが、多方面から歓迎される

措置だと思います。以前、懇談会であるお母さんから「息子と服を

買いに行こうと思うんだけど、いっしょに行ける日がないんですよ」

との、お話がでたことがあります。

さて、スポツ庁の指針を具体化するとなると、大阪市のように部活

の指導者を外部に求めるのも、1方法となるでしょう。 しかし、

このケースでは、指導者が責任を果たす上で、かえって生徒諸君の

練習が過熱することにつながらないでしょうか。そうなると、本末

転倒ですけど・・。問題視すれば、際限がありませんが・・・。

成長期の中高生にとって、運動が不可欠であることは、衆目の一致

するところですが、他方、勉強の視点からすると、基礎と発展学習

には十分の時間的な余裕と、心身両面でのゆとりも不可欠だと思い

ます。

この点で、私も、クラブ活動中心型の公立中高には、以前から異論

を持っていました。 特に、1部を除いて、今なお学歴中心社会で

ある我が国では、最終学歴が否応なく問われるわけですし、高い

レベルを狙うには、どの高校に進学できるか(単独選抜制なので)で

あり、それは中学でのテスト結果次第になっています。

早朝練習に始まり、放課後も日没まで、日曜祝日もクラブ活動とな

ると、お預かりしている生徒さんの中には、宿題ができなかったり、

授業中の睡魔に負けてしまうことがあります(最近は、多少緩和され

ているようですが)。 叱咤激励をしますが、正直なところ、同情

もします。

そこで、各教育委員会の早急なガイドライン設定が待たれますし、

さらに、実施状況を確かめる必要もあるかも知れませんね。

もちろん、運動能力の高い生徒さんたちは、親御さんたちも含めて、

別のご意見があって当然です。 私の視点は一般論でして、要は、

勉強と運動とを、どのように両立させていくかの問題提起だと、

お考え下さい。

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/46PAGES | >>