加古川市の山下進学塾だよりー2017年5月24日(水)

カレンダーを始め、殆んどの刊行物が西暦表記なので、このブログの

日付も、今日から西暦にします。商社勤務時代から、西暦表記には慣

れているので、全く違和感はありません。

 

地球は誕生してから約20億年、酸素はあまりなかった:

これほど水や酸素が豊富な星は、地球だけだといわれいている、酸素

は、もともと地球にあったわけではない。20〜24億年前に、急激

に増えたのだそうだ。

地球の誕生は、46億年前といわれているから、20億年以上の間、

地球も酸素の希薄な星だったということ。酸素急増の原因は解明され

ていないが、生命は酸素が増えた段階で誕生したとされる。

ところで、空気に重さがあることはご存じだろうか。1M³で約1.3

キロほど。一般的な家庭用の浴槽に空気を詰めると、1.5Lのペット

ボトルより、ちょっと軽いぐらいのイメージ。この重さのおかげで、

重力の影響を受ける。これが、地球の大気が宇宙空間に、拡散しない

理由の1つとなっている。(ワニブックス)

 

中3生諸君、修学旅行からお帰り:

もう修学旅行から、無事に帰宅したことでしょうね。中学時代の最大

のイベント、よき思い出をいっぱい作ったことでしょう。

さあ、5月31日と6月1日は、1学期の中間テストだよ。1回1回

のテスト結果が、君たちの志望高選びに直結するという学年です。

目一杯のテスト勉強に励みましょう。私達も、精魂込めて応援してい

きます。

 

「共謀罪」衆院通過:

かの悪名高い1925年の「治安維持法」の再来か、とまで批判の多

い「共謀罪」。270余にも亘る処罰対象項目の中の1つにすぎない

「テロ対策防止」を全体イメージにし、その他もろもろの人権侵害や

市民監視社会にもなりかねない細目については、詳細な答弁を回避し

て多数を背景に強行採決。

不安をもつ人も相当数いるようですが、もともと、国民の圧倒的多数

が、現政権を選挙で支持したわけだから、その安倍政権与党が思うが

ままの政策を強行するのは、自明の理でしょう。

しかし、衆参院とも3分の2を超す巨大与党を誕生させたのは、元は

と言えば小選挙区制という選挙制度も大きな要因。

それにしても、「森友学園問題」「加計学園問題」等々、政府の答弁

のひどさには、憤懣やるかたない思いをしている市民も多いのでは?

「そのような文書の存在は確認できなかった。」と答弁すれば、それ

で一件落着ってわけですか? 何ともすっきりしない、政界模様です。

皆さんは、今の政界をどのようにご覧になっていますか?

 

 

山下進学塾

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりーH29・5・20(土)

何とも奇妙な天候が続いていますね。日中の夏日とは別に、

朝とか夜は、肌寒さを感じることがあり、体調管理が難し

い気がします。

 

ダイコンの味が、上下で違うワケ:

ダイコンは部位によって、味に違いがある。葉の方を上と

すると、上の方が甘く(辛みが少なく)、下の方が辛く、

下に行けば行くほど辛くなる。

ダイコンは、葉の部分と白い棒状の部分からなり、棒状の

部分を一般に根と呼んでいるが、厳密にいえば、それは正

しくない。

ダイコンをよく見ると、途中から先端にかけてヒゲ根がつ

いている。その部分がダイコンの本当の根で、ヒゲの上部

は胚軸と呼ばれている部分である。

上の胚軸の部分は柔らかくて甘いが、下の部分は下に行く

ほど辛い。これには理由がある。

ダイコンは、下の先端の部分の生長が盛んで、活発に細胞

分裂を行う。先端部分に辛味成分がもっとも多いのは、

生長点に害虫を寄せつけないためと考えられている。辛味

が、抗菌の働きをしているわけです。(中経の文庫)

 

安倍総理―学者の違憲論を使い分け:

先日、総理は自衛隊の存在を、憲法に書き加える必要があ

ると訴えましたね。

2年前、安保関連法制を強行採決する際には、学者の9割

が違憲だと主張したのを完全無視し、今回は学者の7割〜

8割が違憲だと言っているから、その違憲の状況を変える

必要があるとの主張。ご都合主義との批判が、噴出してい

るようですね。

自衛隊の存在が必要であることは、論を待たないと思いま

すが、海外展開するまでの必要性はどうなんでしょうね。

9条2項の改正を旗印として、正々堂々と憲法改正の国民

投票に訴えれば・・・と思います。

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりーH29・5・17(水)

これが5月本来の時候でしょうか。過ごしやすいですね。

それにしても、雨にも恵まれ、周囲の青き山々には、心が癒され

ます。秋の紅葉もいいですが、春たけなわの滴るごとき深緑は、

名状しがたい安らぎを与えてくれます。

 

中学生ー1学期中間テスト:

5/31と6/1の2日間、1学期中間テストです。進級テスト後

に迎える、それぞれ新学年の範囲で行われる第1回テストになりま

す。 山下塾では、既にテスト対策として、延長授業を展開してお

ります。 結果が楽しみです。

 

ローマ法王、米軍の「大規模爆風爆弾」命名を批判:

フランシスコ・ローマ法王は、米軍保有の核兵器以外で最大の破壊力

をもつ爆弾が「全ての爆弾の母(Mother of all bombs)」と、命名さ

れていることを批判。殺りく兵器に「母」という言葉を使うべきでは

ないと語りました。

この大規模爆風爆弾は、アメリカ軍により「全ての爆弾の母」と名づ

けられ、去る4月にアフガニスタン東部で、過激組織ISに対し投下

され、また、他にも広く使われていると、米軍の説明や報道にあるそ

うです。

ローマ法王は講演で、「母は、命を産み出すものであり、この爆弾は

死をもたらすものである。そのような殺りく兵器を、”母”と呼ぶとは

何事か」と批判なさったとか。

フランシスコ法王は、アルゼンチン出身で、まだ同国で牧師をなさって

おられる当時から、その民主的で庶民的な姿勢が、国民から親しまれて

いたそうです。法王に就かれてからも、世俗的問題に深い関心を寄せ、

節目節目で、積極的に発言なさっておられますよね。

 

北朝鮮情勢は?

今も緊張した状態が続いているのでしょうが、当初のような一触即発

の緊迫感が、報道を通じて伝わってこない気がします。仲介役の中国

の動静が、判然としないように思えますが、どうなんでしょうか。

 

山下塾長

 

 

 

 

カテゴリ:- | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりーH29・5・13(土)

立夏がすぎて、まだ7日あまりですが、もう夏日に突入している

地域が散見されます。寒いよりは暑い方が、私には、過ごしやすい

のですが、皆さんはいかがですか。

 

順調スタート の 小ー5/6生用の英会話クラス:

ニュージーランド出身の先生による「英会話クラス」、スタートし

て1か月あまりです。生徒さん達は生き生きと、先生と英語に慣れ

親しんでいます。最近の児童は、外国人だからといって、気後れす

るところは、まったくありませんね。

補佐役を務めている私ですが、そのうちに、その任から外れるつも

りです。このネテヴ先生は、根っから温和な方で、強引な面は全

く見当たりません。安心して、子供たちを任せることができます。

 

世界こぼれ話ーイギリス:

「ゴミのポイ捨てや不法投棄をやめて、町をきれいにしましょう。

先日行われたスコットランド南部の地方自治体イーストエアシャー

では、ゴミの減量だけを公約に掲げた「ゴミ党」が、初めて議席を

得ました。

当選したのは、サリー・コグリーさん。これまでも地元で、ゴミ

拾い運動や川清掃活動などを組織してきた活動家。

ゴミ党は「ポイ捨て、不法投棄、犬のふん、タバコの吸い殻、ガム。

道路、公園、市の中心部や田舎を汚すゴミにうんざりしていません

か?」と問いかけました。

ゴミ問題に関する知識を広め、住民の自覚を促し、取り締まりを

強めることで、ゴミを減らす。節約できたゴミ処理費用を、町の

歴史地区の再建などに有効活用するーことを公約に掲げました。

有権者からは、「ゴミ問題しか話さない」と批判もあったようです

が、結果は第4党で当選。初議席獲得は、メデアで話題になってい

るそうです。

 

北朝鮮問題の現状は?

ここのところ、あまりヒートアップした報道はないようですが、

現状はどうなっているのでしょうか。北は、また、ミサイルの発射

準備をしているらしい、との報道がありますが・・。

中国による、宥和政策が奏効しているのではと、思っていたのです

が、事態収拾はそう簡単ではないようですね。

 

安倍総理ー着物の下に鎧がチラチラ:

「安保法」に続く「共謀罪法案」、さらに、「無償の奨学金制度」

の美名を借りた憲法改正提案へと、安倍総理大臣はかねて宿願である、

祖父岸信介氏の路線にまっしぐら・・。

そういえば、相貌までも似てきましたね。少しハードライナーぶり

が過ぎて、怖い感じがするのですが・・。皆さんは、如何ご覧に

なっておられますか?

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりーH29・5・8(月)

万物の芽吹く新緑から、心洗われる深緑へ。四季の区別がくっきりと

している日本では、自然の変化が身近に感じられ、その移り変わりが

俳句や短歌に生命を息づかせ、また、他の数々の日本文化を育んでき

たのでしょう。 それにしても、今日は急に、真夏日へ突入ですね。

 

連休に出雲大社参詣:

今月初めの連休中日に、かの有名な出雲大社へお参りしてきました。

早朝6時の出発、帰りも早目に切り上げたので、往復路とも渋滞に巻き

込まれませんでした。

ただ、大社へのアクセス道路は大渋滞、大鳥居を視界にとらえてからも、

1時間近くを要し、挙句の果てに2kmほど離れた臨時駐車場へと迂回

です。シャトルバスを利用して、やっと参拝が叶いました。

本殿は一部が、まだ、遷宮途中とか。以前お参りしたときよりも、境内

が手狭な感じでしたが、名だたる歴史を秘める大社、その荘厳な雰囲気

に、心身ともに清められた思いがしたことです。

 

プロ野球「東北楽天イーグルス」快進撃続く:

現在、20勝7敗の好成績で、悠々パリーグ第1位の絶好調ぶりです。

快進撃の要因は、先発・中継ぎ・抑えピッチャー全員の快投があっての

ことでしょう。

阪神タイガースも首位、今季は私の応援している両球団とも、目下のとこ

ろ快進撃。このまま、独走→優勝とは、ちょっと早すぎでしょうね。

 

小学生への塾授業ー硬派から軟派へ(?):

山下塾では、小学授業の眼目はー教科内容への理解が最優先ですが、同じ

く、勉強に対する心構えを身に着つけるーことを基本方針としてきました。

そのために、授業中の正しい姿勢、私語を控えること、宿題に取り組むこ

となどをポイントとして、子供たちに接してきました。

ところが、最近は、この硬派(?)の授業方針が、特に小学生段階では、受容

されにくなってきたようで、今更ながら、小学生指導の難しさを再認識し

ているところです。

「時の流れ」なのでしょう、「叱らないで、優しくやさしく、そして、

褒めて育てる」に、シフトすべきであることは。「アメとムチの中間」、

つまり、「厳格すぎず柔軟すぎず」という、3の授業運営法を目指す必要

を実感しております。

もちろん、中高生となると、また、別の展開方法になると思いますが・・・。

 

山下進学塾の塾長メッセージでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりーH29・4・30(日)

このブログ発信は、ほぼ3か月ぶりになります。休止中も、アクセス

し続けて頂いた皆さんには、両方の意味で「謝意」を申しあげます。

休眠していたのは、とにかく時間に余裕がなかったのが主因ですが、

他にも、筆の進まない理由があります。

それは、不特定の方々の目に触れることを考えると、やはり、文意への

配慮とか推敲が必要であり、その点に気が重くなってきたからでした。

でも私は、もともと文筆家ではありませんし、流れるような達意の文が

書けなくても当然と考え、気持ちの整理がつきました。

ただ、以前のような定期的な発信は難しいと思いますので、ご理解を

お願いします。それと、もう1つは、つたない内容ですが、皆さんから

時にはコメントなどを頂ければ、発信への意欲も上がりますので・・・

 

小5/6年生対象の英会話教室が始動しました:

4月7日から、ネイテ(ニュージランドによる英会話授業がスタート。

現在は小学5年生が5名と6年生が3名です。私も、両クラスに入り、

補佐の役目を担当しております。 詳細は次のとおりです:−

  授業日 : 毎週金曜日 小5・・・4:30 〜 5:20

                        毎週金曜日 小6・・・5:30 〜 6:20

      授業料 : ¥6,000 (税込) + 入会金¥3,000 

      教材費 : ¥3,000 (教本+ワークブック)

見学はいつでも歓迎です。お子さんとお母さんと、お二人でどうぞ。

定員は、各クラスとも10名の少人数制で、楽しいながらも実効性の

ある英会話授業を展開しております。

 

快勝続くプロ野球「東北楽天イーグルス」:

私が大ファンである「楽天イーグルス」が、近鉄バッファローズ時代の

名捕手だった「梨田監督」の下、今年は快進撃を続けております。

球団の本拠地である仙台を始め、東北地方の方々は、あの口害大臣の

「震災が東北でよかった」との暴言に、憤懣やるかたない思いをされた

ことでしょうが、このチームの頑張りは、多少の慰めになっているかも

しれませんね。

 

北朝鮮問題へのアプローチは?

アメリカと北朝鮮のチキンレースは、我が国にも現実の脅威となってきま

した。もちろん、まだまだ殆んどの日本人が、対岸の火事と見ている向

が強いのではと思いますし、私もそう願っている者の1人ですが、果し

て、その楽観論で終わるのでしょうか。

それにしても、気になるのは、なぜ私たちがこんな危険水域に立たされて

いるのか、どうしてこのような現実の脅威にさらされいているのか、という

視点がメデアや識者から出てこないことですよね。

このまま、「カールビンソン打撃軍」と日本の護衛艦や航空自衛隊が共同

訓練したり、連携行動を続けながら北朝鮮に接近していくと、北朝鮮から

米軍と同列視され、日本が攻撃されるのは不可避となるのでは・・。いや、

もうすでに日本への攻撃を公言していますよね。 

さて、2015年に強行成立した、かの「安全保障関連法」の功罪は?

 

 

 

 

 

     

     

 

 

 

 

カテゴリ:- | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりーH29・1・28(土)

厳寒中、つかの間の暖かい日差し。 久しぶりの伸びやかな

1日でした。

ところで、このブログですが、週1〜2回をペースに、ある

程度、定期的に発信してきました。しかし、今後しばらく、

お休みを頂きます。とにかく忙しいのと、そこから来る意欲

の低下を感じ、この辺りが小休止の潮時だと思います。

多い時には、アクセス1日に100件を超える時も数々あり、

愛読されていること実感してきました。

時事問題を一刀両断できるほど、健筆をふるってきた訳では

ありませんし、教育問題を論じるだけの素養をもっている訳

でもありません。

にもかかわらず、なぜか、個人ブログとしは、アクセス件数

は多いそうです。 時に皆さんの耳目を引く点があったのかナ、

と一人で悦に入ることもありました。

新学期に入って、諸事万端おちつけば再開できるかもしれません。

その節に、またお会いしましょう。

 

山下塾長。

 

カテゴリ:- | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりーH29・1・21(土)

寒気が少し緩んだ気がします。もっとも、夜更けの塾帰りの冷たさは、

筆舌に尽くしがたいですが・・・。皆さん、インフルは大丈夫ですか?

 

小学5・6年生用ー英会話クラス開講:

H20年から、小学5・6年生の英語が必修科目となり、通知表に

成績評価がされます。 この地域でも、加古川や周辺の英会話教室に、

相当数のお子さんが通っていると聞き及んでおります。

そこで、もっと近隣で、そのニーズにお応えしようと、私の塾でも、

4月から外国人による英会話クラスをオープンすることになりました。

当分の間は、私も教室に入り、生の英語に不慣れな子供さんのために、

ヘルパー役を買って出る予定です。

 

2016年世界気温、またも過去最高:

米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局の発表によると、2016年の

世界の平均気温は、15年を0.04度上回り14.84度となり、

1880年以降の観測史上最高でした。世界気温、最高を記録した

のは14年以来、3年連続となりました。

2020年以降の地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」は、産業

革命前からの世界の平均気温上昇を、2度未満に抑制するのを目標と

ています。

オバマ政権は、温暖化対策を熱心に進めてきましたが、トランプ次期

政権は温暖化に懐疑的で、パリ協定への対応を見直す構えも見せてい

るとか。

CO₂の2大排出国の1つである米国が、地球を救うための責任に腰が

引けるとなると、大問題となるでしょう。95年の京都議定書の二の舞

は、絶対に避けて欲しいものですよね。

 

氷河後退招くピンクの藻類:

地球温暖化のもたらす脅威の話題をもう1つ。

氷河の表面をピンク色に染める藻類は、氷河の後退を速める危険性が

あると、米シンシナテ大学の研究チームが発表しました。

高山の氷河の表面にも、様々な生物が生息していますが、これら

藻類は、春から夏にかけて増殖し氷河の表面をピンク色に染めます。

研究チームが、氷河から検出されたアンモニアや硝酸塩などの由来を

調べたところ、肥料として使われたものや、酪農場で発生したものな

どが含まれていました。

氷河の表面に生息する藻類の色は、ピンク色だけでなく、オレンジ色

や茶色、紫色、緑色のもがあります。これは、藻類の種類によって

光合成に利用する光の波長が違っていることや、紫外線から身を守る

ためだと考えられています。

氷河の表面が藻類の増殖よって、さまざま色で彩られると、白い時よ

り、太陽光を吸収しやすくなります。チームでは、今後とも氷河の
融解が進み後退を速めると、懸念しているそうです。

 

高校生向けのToday's-Tip-for-English:

適語を選びましょう。

1.I arrived here early today because the traffic was (      ) than usual.

        [ busier,  heavier,  lighter,  weaker ]

2.The soccer game was shown on a big screen in front of (     ) audience. 

        [ a large,  a lot of,  many,  much ]

3.Our family doctor suggested that our son (     ) a complete medical checkup

      every year.  [ get,  getting,  is getting,  to get ]

4.Japan (     ) of four large islands and many small islands.

        [ consists,  contains,  forms  organizes ]

5.Did you have a chance to meet your grandfather (     ) the winter vacation?

        [ during,  inside,  on,  while ]

 

山下進学塾の塾長メッセージでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりH29・1・13(金)

忙中閑あり、ブログを書く時間ができました。

 

大学入試センターテスト:

明日から始まるセンターテスト。私の個人レッスン生(英語)が、

某公立大の最難関である獣医学科を目指して、まずは、センター

テストに挑みます。

獣医学科を持つ大学は少数の上、他の学科に比べ、超難関コース

なので、5教科7科目の超高得点が必要です。明朝は、神様・仏様

手を合わせましょう。

 

冬休み課題テスト:

11日に中学の課題テストが終わり、すでに、ボツボツと答案が返却

され始めているようです。山下塾の生徒は、手前味噌ながら、全員

が真面目です。

その真面目な姿勢を、どのようにして得点力アップへと結実させるか、

それが私達塾人の責任です。毎回、そのターゲットを目指して、全力

応援を重ねているのですが、今回の結果は・・?

 

ハリウッド看板に「大麻」のイタズラ:

ロス・アンジェルス観光をされた方は、たいてい近郊の映画のメッカ

へ行く途中で、丘に設置されている「HOLLYWOOD]の大看板

目にされたことでしょう。

その大看板が「HOLLYWEED」に書き換えられ、地元警察が不法侵入

の疑いで、芸術家ザカリー・フェルナンデス容疑者を逮捕しました。

WEEDは「大麻」の俗語でもあり、イタズラが過ぎるというわけで、

先日、弁護士を伴って自首してきた容疑者の逮捕、となったとか。

その手口と言えば、約14メートルの看板によじ登ってシーツを

かぶせ、「WOOD」のOOの字をEEに変えたとのことです。

 

トランプ旋風:

アメリカのトランプ次期大統領の、昨日の記者会見は、異様な印象で

したね。実際に大統領職に就くと、どんな外交、内政展開となるので

しょうか。

それにしても、トランプ氏のツイッターで名指しされた世界のトヨタ

の狼狽振りは、少々過剰反応では? 豊田社長はデトロイトで、今後

5年間で100億ドル(約1兆1600億円)を事業に投じると、

発表しましたね。そんなに先々の事業展開まで、披露しなければなら

ないものでしょうか。

米国内でのトヨの貢献度をご存じない(?)らしいトランプさんは、在日

米軍の駐留費負担も増額せよと要求しているようですが、日本が既に

「思いやり予算」として、世界1負担していることを、勉強不足で把握

していないようだ、と識者が指摘していましたね。

まあ、大統領に就任すれば、議会を始めとして周囲のスタッフからの

アドバイスやコントロールで、穏健な路線を進んでいくことでしょう。

 

山下塾長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
加古川市の山下進学塾だよりーH29・1・11(水)

もうすぐ、強烈な寒波が襲来するとの予報がありましたが、

今日はまだ、大した寒さは感じません。

 

ところで、このブログですが、高校入試と大学入試を目前

に控えている生徒さんたちを持っている関係上、なかなか

随意に発信する時間がとれないのが実情です。

追加授業とか臨時の授業とか、入試への最後の追い込みを

強化していますので、どうしても、不定期の発信にならざる

を得ません。 定期的にアクセス頂いているフォロワーの

皆さんには、申し訳ありませんが、特に1〜2月は多忙を

極めますので・・・。

 

山下塾長

 

カテゴリ:- | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/39PAGES | >>